第10回高エネルギー物理春の学校2020

第10回高エネルギー物理春の学校開催のお知らせ

日時: 5月21日(木) - 23日(土)
場所: 滋賀県大津市北小松 湖邸滋びわこクラブ
問い合わせ: hepss2020@ml.post.kek.jp

素粒子物理実験の面白さを伝え、大学院生を中心とした若手研究者同士の議論を通じて、大学、実験の垣根を超えたつながりを広げる機会を設けようと開催している『高エネルギー物理春の学校』は、 高レベルの講義をしてくださる先生方や、趣旨に賛同して、学生さんを派遣して下さる、大学の方々の力強いサポートを受け、今年で10回を迎えます。今年も例年通り、5月に琵琶湖畔で開催します。奮って御参加下さい。

第10回高エネルギー物理春の学校の開催は延期となりました。

延期後の日程が決まりましたら、また、アナウンスします。

学校は、質の高い充実した講義、参加学生の口頭及びポスターによる研究 発表が、リラックスした雰囲気の行われ、参加者間の熱のこもった議論が 自然発生的に繰り広げられることが特徴となっています。 口頭発表では、教員は基本的に質問をしませんので、若手研究者同士で 存分に議論を楽しめます。 また、ポスターセッションの盛り上がりも学校の特徴の一つで、セッション時間が 終わっても議論が続く様には、講師の先生方も驚かれます。

ぜひ参加されるだけでなく、発表もお申し込み下さい。

数年前より、学校のOB/OGの中から若手ポスドク、博士課程の学生を招待し 講演をしていただいたり、学生同士の議論をさらに深めるために、 ディスカッションセッションを設ける等、 すべての学年層にとって魅力ある学校となる工夫をしていますが、 今年は、博士学位取得後ポスドクを経て企業へ就職したOBも招待し、 より幅広く、どの学年の学生さんにとっても、より有意義な学校となっています。 上級生として参加することもとても有意義で学ぶこともたくさんあります。 学校では、幅広い学年の学生さんの参加をお待ちしています。