2011年度領域シンポジウムプログラム

July 11(Mon.)
 
12:30 - 13:00 Registration
 
13:10 - 13:15 Opening 羽澄昌史 (KEK)
 
「宇宙マイクロ波背景放射偏光測定で探る 超高エネルギー物理」(A01) 座長:竹井洋(JAXA)
 
13:15 - 13:35 全体報告とLiteBIRD 羽澄昌史 (KEK)
13:35 - 14:05 QUIET 長谷川雅也 (KEK)
14:05 - 14:35 POLARBEAR 松村知岳 (KEK)
 
14:45 - 15:15 Coffee break
 
「初期宇宙探査のための 超高感度アレイデバイスの研究開発」(A02) 座長:赤池宏之(名古屋大)
 
15:15 - 15:35 計画研究A02の進捗報告 大谷知行(理研)
15:35 - 16:10 CMB観測用 STJ 及び MKIDs の設計・開発及び読出系 吉田光宏 (KEK)
16:10 - 16:45 超伝導AI膜を用いたミリ波サブミリ波MKIDカメラの開発        成瀬雅人 (国立天文台・東京大学)
 
16:45 - 17:45 Poster short talk
17:45 - 18:30 ポスターセッション
 
19:00 - 21:00 懇親会
 
July 12(Tue.)
 
  座長: 羽澄昌史(KEK)
9:00 - 9:30 招待講演 「小型科学衛星の可能性」 中川貴雄 (JAXA/ISAS)
9:30 - 10:00 招待講演 「ASTEで見る遠方宇宙と新ミリ波サブミリ波望遠鏡計画」 川邊良平 (NAOJ)
 
10:00 - 10:30 Coffee break
 
「宇宙赤外線背景放射の観測による ダークエイジの探査」(A03) 座長: 和田武彦(JAXA/ISAS)
 
10:30 - 10:55 全体報告および研究計画 (CIBER, CIBER-2, EXZIT他) 松浦周二 (JAXA/ISAS)
10:55 - 11:15 近赤外宇宙背景放射観測の最近の状況(あかり、CIBER) 松本敏雄 (ソウル大)
11:15 - 11:30 あかり衛星による宇宙赤外線背景放射の分光観測 津村耕司 (JAXA/ISAS)
11:30 - 11:45 可視光宇宙背景放射の検出:Pioneer10/11から見た宇宙 松岡良樹 (名古屋大)
11:45 - 12:00 宇宙背景ニュートリノ崩壊光子の赤外観測の可能性 武内勇司 (筑波大)
 
12:00 - 12:10 若手勉強会活動報告 津村耕司 (JAXA/ISAS)
 
12:10 - 13:30 Lunch
 
「宇宙マイクロ波背景放射と前景放射の 高精度成分分離スキームの構築」 (A04) 座長:町田真美(九州大)
 
13:30 - 13:45 成分分離精度向上に向けた戦略 服部誠 (東北大)
13:45 - 14:15 銀河系内ダスト温度全天マップ作成プロジェクト(仮題) 大坪貴文 (東北大)
14:15 - 14:30 MHDシュミレーションによる銀河系磁場モデル作成 服部誠 (東北大)
14:30 - 15:00 WMAP全天偏光分布と銀河磁場との関係について 森嶋隆裕(東北大)
 
15:00 - 15:30 Coffee break
 
「宇宙初期進化の直接観測に基づく 究極理論探査」 (A05) 座長: 郡和範 (KEK)
 
15:30 - 15:45 全体報告 小玉英雄 (KEK)
15:45 - 16:15 SUGRA宇宙モデルとLarge Field Inflation Model 中山和則 (東大)
16:15 - 16:45 超弦理論に基づくインフレーションモデルの現状 野澤真人 (KEK)
16:45 - 17:00 質疑応答
 
17:00 - 17:10 Closing