つくばソフトマター研究会2019


[開催日時 | 開催場所 | プログラム | 発表・参加申込 | 世話人・連絡先]

 

プログラム

2019年8月8日(木)

9:45 受付開始

[座長:高畠 芙弥]
10:15 - 10:20 はじめに (瀬戸 秀紀/KEK物構研)

10:20 - 10:40 高木 秀彰(高エネ機構物構研)、山本 勝宏(名工大院工)
  「ブロック共重合体/ホモポリマーブレンドで観察されたダブルダイヤモンド型ネットワーク構造の熱力学的安定性に関する研究」

10:40 - 11:00 根本 文也(KEK物構研)
  「中性子反射率計SOFIAへのレオメータの設置とココアバター 結晶化への応用」

11:00 - 11:20 野口 博司(東大物性研)
  「基板からの脂質膜の剥離」

    -- 昼休憩 --

[座長:森田 雅宗]
13:00 - 13:20 山田 悟史(KEK物構研)
  「育休体験談」

13:20 - 13:40 米谷 慎(産総研)、原田 潤(北大)
  「柔粘性/強誘電性結晶の分子動力学計算による検討」

13:40 - 14:00 Tomasz Rozwadowski (Tsukuba Univ.), M. Jasiurkowska-Delaporte, M. Massalska-Arodź, M. Hishida, Y. Yamamura, K. Saito
  「Molecular dynamics and polymorphism in 4-(2,3-difluoro)-pentylphenyl-trans-4-(2,3-difluoro)-pentylcyclohexylbenzoate nematic liquid crystal」

    -- 休憩 --

[座長:瀬戸 秀紀]
14:15 - 15:05 招待講演:鷲津 仁志(兵庫県立大学)
  「ソフトマター界面におけるマルチフィジックスシミュレーション」

    -- 休憩 --

[座長:山田 悟史]
15:20 - 15:40 樋口 祐次(東大物性研)
  「分子シミュレーションによる結晶性高分子の物性値測定」

15:40 - 16:00 小林 幹佳(筑波大学生命環境系)
  「1:1型電解質水溶液中のポリスチレン粒子の電気泳動」

16:00 - 17:20 ポスター発表・コーヒーブレイク @職員会館
  ポスターリスト

18:15 -  懇親会(つくば駅付近)

ポスターリスト

  1. 浅野 優太(東京大学物性研究所)、渡辺 宙志(慶應義塾大学理工学部)、野口 博司(東京大学物性研究所)
     「カルマン渦に対するキャビテーションの影響」
  2. 森田 雅宗(産総研バイオメディカル)、加藤 薫(産総研バイオメディカル)、野田 尚宏(産総研バイオメディカル)
     「リポソームと微生物の共生系の構築」
  3. 林 恭平、呉羽 拓真、Li Xiang、柴山 充弘(東京大学物性研究所)
     「側鎖にエチレングリコール誘導体を有する温度応答性ゲルの力学評価」
  4. 長山 拓馬(筑波大学数理物質科学研究科)
     「熱履歴依存性が示すリン脂質二重膜の水和状態と積層周期の相関」
  5. 遠藤 仁(KEK物構研)、日野 正裕(京大複合原子力科学研究所)、小田 達郎(京大複合原子力科学研究所)
     「J-PARC MLF BL06 VIN ROSE中性子共鳴スピンエコー分光器群の紹介」
  6. 松原 太一(筑波大学大学院化学専攻)、菱田 真史(筑波大学数物)、山村 泰久(筑波大数物)、齋藤 一弥(筑波大数物)
     「球状コロイド粒子の凝集におけるコロイド濃度依存性」
  7. 金子 亜由美(筑波大学数理物質科学研究科)
     「ウシ血清アルブミンの熱変性に伴う水和状態の変化:テラヘルツ分光法と示差走査熱量測定で観測される水和水量の変化の違い」
  8. 塩満 一稀(東京大学物性研究所)
     「等体積条件下におけるポリ電解質ゲルの塩濃度や中和率による網目構造の変化」
  9. 野宮 薫(筑波大学大学院 数理物質科学研究科)
     「嵩高い置換基を持つアルコールの二成分系におけるガラス挙動」
  10. 野田 宙志(筑波大学 数理物質科学研究科)
     「SmA相を示すPHOAB/8OCBの二成分系における相挙動」
  11. 高畠 芙弥、根本 文也、山田 悟史、瀬戸 秀紀(KEK物構研)
     「ずり流動下における界面活性剤の表面吸着構造測定」
  12. 中川 洋(日本原子力研究開発機構・物質科学研究センター)、渡辺 万里(茨城県農業総合センター・園芸研究所)
     「干し芋の水和状態・ミクロ構造と保存性・食感の関係」
  13. 山口 敦史(筑波大学生命環境科学研究科)、Nicolas Helfricht(バイロイト大学Physical chemistry II)、小林 幹佳(筑波大学生命環境系)、Georg Papastavrou(バイロイト大学Physical chemistry II)
     「Poly(amido amine)デンドリマーの最大吸着量に対する金基板の帯電の影響」
  14. 杉本 卓也(東京大学農学生命科学研究科)
     「多価イオン存在下におけるヘテロ凝集の臨界凝集濃度」

メインページへ戻る